10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

家ご飯 ~上海風焼きそば 三谷製麺所の麺~ 

s-IMG_20140808_135729.jpg
前回の記事に書いた三谷製麺所で焼きそば用の麺(1玉130g 100円)を購入してきたので、嫁のリクエストで上海風の焼きそばを作りました。

IMG_20140808_135524.jpg
茹で時間の目安の一覧付き。これで100円はかなりお得。

IMG_20140808_135402.jpg
具材にキャベツ、人参、青葱、木耳、豚肉、もやし。2人で3玉(結構多かったです)。

IMG_20140808_135550.jpg
家で中華を作るときは一応中華鍋と中華お玉の本格スタイル。麺は予め茹でておいて、茹で上がったら一旦水で締めておきます。鍋で油ならしをして生姜の千切りを。香りが出たら豚肉を入れて炒めます。色が変わったところで人参、その他の具材を。軽く塩、胡椒、料理酒で味つけをし、まだ野菜のシャキシャキ感が残っている状態で、

IMG_20140808_135620.jpg
麺を投入。軽く混ぜて少し多めのガラスープ、濃口醤油、オイスターソース、塩、胡椒を加えます。炒めるというよりはこの時点では味のついたスープを吸わせていくイメージ。これでツルっとした食感の焼きそばになりますね。

IMG_20140808_135656.jpg
汁気が無くなってきたら葱の青い部分を入れてザッと炒め合わせ、鍋肌に醤油とごま油で香りづけ。

IMG_20140808_135729.jpg
完成。

IMG_20140808_135814.jpg
麺はさすがのコシで、これだけで普通の焼きそばから格段にグレードアップしたものになります。少し太めでもちもちした食感にオイスターソースと醤油が絡んでなかなかいい出来でした。

次は、パスタ用麺を買ってきてパスタに挑戦かな。




人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします
スポンサーサイト

category: その他

tag: 家ご飯 
Posted on 2014/08/08 Fri. 14:45  edit  |  tb: 0   cm: 2  

愛媛・香川旅行③ ~中村うどん、うぶしな~ 丸亀市 

旅行2日目。この日は香川でさぬきうどんを食べて大阪に帰る予定。

1396144855221.jpg
まず向かったのは丸亀市の中心に近い場所にある「中村うどん」。10時オープンで10時半頃店に着いたところ、既に10人以上の行列。ただ、回転は非常に早く10分も待たずに店内へ。

1396144956978.jpg
連食の予定だったのでひやあつ(小)(230円)を注文。カウンターで麺を受け取り、自分でだしを入れたり薬味を入れるスタイル。会計は自己申告。

1396145377610.jpg
天ぷらを食べたい気持ちを抑えつつ、

1396145471327.jpg
冷やされた麺に温かいだしのひやあつの完成。澄んだ透明なだしに艶っとした麺がなんともそそられる。関西ではなかなか食べられない位にがつんとイリコが効いただしと、冷やされたコシのある麺がうまい。やはり本場は違うな~と再認識。数分でつるっと食べて次のお店へ。

1396148469842.jpg
中村うどんから車で10分ほど。以前、テレビで見て気になっていた店「うぶしな」。

1396149524126.jpg
お店の立地がなんと神社の中。宇夫階神社という神社の住職の息子さんがやっているらしく、すぐ近くにある有名店「おか泉」で修業後独立されたということ。左奥に見える白い建物がお店。

1396148479578.jpg
細い通路を抜けるとお店が。

1396148495105.jpg
今回はひやかけの小(250円)を注文。嫁はぶっかけの冷を小(300円)で。それにちくわ天と野菜かき揚げを。

1396149013146.jpg
番号札を渡され待っていると、まずはかけうどんが。中村うどんと比べて太さや幅が結構不揃い。イリコの香りは控えめですっきりしただし。コシはここの方が強めに感じた。

1396149010063.jpg
天ぷらも揚げたてではないがさくっと揚がっておりうまい。

1396149006831.jpg
こちらが嫁注文のぶっかけ。レモンの香りが濃い目のつゆによく合いこれもうまい。食べている間も絶えずお客さんが来られていて大人気のよう。

1軒目、2軒目どちらも特徴があり甲乙つけがたい感じ。なんにせよやはり香川のうどんのレベルはかなり高いとわかりました。2日ともおいしいものをいっぱい食べられたので大満足。この後は徳島でうず潮を見たりしつつ大阪へ帰りました。





人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします

category: その他

tag: その他 
Posted on 2014/04/02 Wed. 13:53  edit  |  tb: 0   cm: 2  

愛媛・香川旅行② ~たかはしやき鳥~ 今治市 

焼豚玉子飯を食べた後、嫁は用事があったのでその間はホテルで温泉を満喫。ビールを飲みたい気持ちを抑えてまったりしていると嫁が帰ってきたので、焼豚玉子飯と並ぶ今治名物の焼鳥を食べに。
何でも今治市は人口1人当たりの焼鳥店の数が日本一らしく、また、今治の人たちのせっかちな気質から生まれた「早く提供するために鉄板に押しつけて焼くスタイルの焼き鳥」が今治焼鳥というものらしい。

1396094223897.jpg
ホテルの周りも焼鳥屋がたくさんあり、その中でネットで評判のよかった「たかはしやき鳥」というお店へ。非常に感じのよいおじさんの店員さんが出迎えてくれ、ライトアップされた今治城がきれいに見える窓側の座敷へ。地元民と思われる人たちでワイワイ賑やか。

1396094355786.jpg
味のあるメニュー。

1396094395429.jpg
とりあえずの生ビール(500円)。

1396094646520.jpg
そして名物のかわ(260円)。皮といいつつほとんどが身でちょろっと皮がついている程度。押しつけて鉄板で焼かれているのでカリッとした部分がありチープな味ながらおいしい。甘めのたれがかかっているのが定番のスタイルのよう。ひね鶏なのか、締まった噛みごたえのある皮の食感が酒によく合う。

1396095114393.jpg
ピーマン(250円)。てっきり素焼きかと思ったら肉詰めだった。手作り感のあるつくねとピーマンがよく合いこれも旨い。

1396095142408.jpg
こちらも今治の焼鳥屋の名物というせんざんき(300円)。漢字では『千斬切』と書くらしい。骨付きの唐揚げで、衣具合がミュンヘンの唐揚げに似ているような。

1396095281731.jpg
手羽先(300円)。皮目がパリっと焼かれており塩加減も絶妙。安うま。

1396095840609.jpg
焼酎の水割りを飲みつつ、気になったかわ酢(300円)。想像していたのとは違い、最初に出てきた皮と同じものに葱、ごま、甘酢をかけたもの。温かい状態で提供。これもいい。

1396096003540.jpg
砂ずり(260円)。これはまぁ普通ながら安い。

以上で3000円ほどとかなり安くてびっくり。今治の焼き鳥を満喫しました。大阪で飲むのとはまた違う、ゆったりまったりしたいい時間を過ごせて大満足。そうそう今治に来ることはない気もするが、ぜひまた来たいと思えるいいお店でした。

ごちそうさまでした!


◆たかはしやき鳥
今治市恵美須町2-6-2
営業時間
17:00~22:30
定休日
日・祝




人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします


category: その他

tag: その他 
Posted on 2014/04/02 Wed. 05:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

愛媛・香川旅行① ~伊予水軍、白楽天~ 今治市 

3月の終わりの週末、嫁が愛媛の今治市にいく用事があるということで、せっかくなので1泊2日で旅行に行くことに。
朝8時ごろ自宅を出発するも高速が大渋滞。大阪を抜けるだけでも1時間以上かかり、今治に到着したのは5時間後の13時嫁の用事は夕方からだったので、それまでにおいしいものを食べにいこうとまず向かったのは、今治北インターから車で5分ほどの海沿いにあるお店「伊予水軍」。

1396066651403.jpg
時代を感じる大きな和風の建物で、広い店内はお客さんでいっぱい。ちょうど海が見える座敷に案内してもらえた。

1396066842462.jpg
名物という来島定食(1575円)と来島定食から天ぷらがなくなった昼定食(1260円)を注文。

1396067320042.jpg
思ったより早く5分ほどで登場。

1396067256955.jpg
さすが海が近いだけあって刺身が旨いなー。特にハマチが鮮度抜群。

1396067267446.jpg
そして愛媛と言えばの鯛が入った釜めしもシンプルな味でおいしい。なかなか満足。

結構お腹いっぱいになったのだが、せっかく今治にきたので前から食べてみたかった名物料理「焼豚玉子飯」を出すお店へ。元祖といわれるお店がちょうど中休みの時間だったのでもう一軒の有名店という「白楽店」へ。

1396069463665.jpg
もっとチープな店を想像していたので、結構しっかりした造りのお店でびっくり。中華料理屋なので焼豚玉子飯以外に定番の中華メニューも一通りそろっており、観光客と地元客が半々位の感じ。

1396069574829.jpg
さすがに一人一杯はきついので、焼豚玉子飯と小エビ天のセット(900円)をシェアすることに。

1396070584232.jpg
思っていたよりもボリュームたっぷり。

1396070618102.jpg
軽く一合位はご飯が入ってそうな盛り具合で、真っ黒なタレと玉子の黄身が印象的。半熟玉子というのは本能的に惹かれる要素を持ち合わせている気がする。

1396070664958.jpg
目玉焼きの下には細かい焼豚が。たれは焼豚のたれがベースのようで、見た目から醤油辛そうかと思いきやむしろ甘い。というかかなり甘い!にんにく等の香味野菜の香りもするがどうしても甘さが前面に来るので結構飽きてくるかも。テーブルのラー油をかけたりして二人で何とか完食。

空腹時ならもう少し印象が違っていたかもしれないが、イメージと違っておりまぁ1回食べればいいかなという感じ。

何はともあれ魚も食べられて、名物料理も食べられたので満足。





人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします

category: その他

tag: その他 
Posted on 2014/04/01 Tue. 00:46  edit  |  tb: 0   cm: 0  

家ご飯 その① 

この日は山奥にある実家に帰省。
手土産は今流行りの『獺祭』の【磨き二割三分】。そこでせっかくなので日本酒に合う料理を両親に振舞うかということで何品か作ったのでさらっとご紹介。周りに飲食店等はほぼ無いに等しいので、基本的に帰省の際は外食ではなく家で食べる事に。日本酒に合う料理といいながらアジアンチックな敷き物は御愛嬌。

1390643153835.jpg
とりあえず、プレモルで乾杯。

IMG_20140207_083407.jpg

そしてまずは、こちらで食べてから気にいった長芋の塩昆布和え。ザクっと乱切りにした長芋を塩昆布、ごま油、醤油、炒り胡麻で和えるだけの簡単メニュー。

1390643679843.jpg
そして獺祭。完全にブームに乗せられてますが、フレッシュな香りと飲み口で確かにおいしい。あまり料理を選ばずに合わせられるので、流行るのも納得。

IMG_20140207_085148.jpg
もう一品簡単メニューで塩すだち冷奴。豆腐に、白葱と削った酢橘の皮と塩を和えた薬味を乗せたもの。
シンプルながら日本酒によく合います。

IMG_20140207_085204.jpg
鴨ロースと焼き葱。甘辛系の味付けにした鴨ロースに焼葱と柚子胡椒添え。

IMG_20140207_085131.jpg
ホタテ貝柱のお造り アオサ和え。立派な北海道産のホタテの貝柱が売っていたので、以前沖縄に旅行に行った際に買っていたアオサと合わせて磯の香りのするお造りに。これがなかなか旨かった(自画自賛)。

IMG_20140207_085222.jpg
一品くらいがっつりメニューも欲しかったので、ヘルシーな鶏むね肉を使って大分名物の鳥天に。
そぎ切りにした鶏むね肉に、塩とおろしにんにくと酒、それに風味付けに少しだけごま油を揉み込んで天ぷら衣をつけて揚げました。柚子果汁とだし醤油を合わせたたれに定番の辛子で。
付け合わせには、たまたまスーパーで売っていた新種野菜のバラフ。塩味がしておもしろい食感。

IMG_20140207_085112.jpg
後は冷蔵庫にあった漬物を盛り合わせ。

とまぁ、こんな感じで晩酌終了。
獺祭もすぐになくなって、実家に眠っていた日本酒も飲んだので結構な酔っ払い
恥ずかしながら、ある日の家ご飯でした。

日記や備忘録的な要素も兼ねているブログなので、今後もたまに家ご飯をアップすることもあるかもしれませんが、かるーく流してやってくださいm(__)m




人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします

category: その他

tag: 家ご飯 
Posted on 2014/01/28 Tue. 05:00  edit  |  tb: 0   cm: 4  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。