02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

濃くて旨い ~新福菜館~ 京橋  

ラーメンの食べ歩きにはまったのがちょうど高校時代。京都市内の高校に通いだして、あるラーメン屋で食べたラーメンのおいしさにびっくりしたことがきっかけ。それ以来京都市内中のラーメンをかなりの軒数食べ歩いた記憶が。当時は京都ラーメンの中でもこってり系のいわゆる背脂チャッチャッ系が好きで、「ほそかわ」や太秦にあった「杉千代(残念ながら閉店)」に通いまくり。そして何故かその頃は京都を代表する京都駅近くの2大ラーメン屋「新福菜館」「第一旭」のおいしさがいまいち分からなかった。ただ、ここのところ最近多い魚介系や随所にこだわりの詰まった1杯1000円近くするラーメンを食べていると何か違うなーと自分の中で違和感が。ラーメンはあくまで庶民食という位置づけがあったからかも。

となんだかんだ書き連ねた中で、今の個人的なラーメンの好みはシンプルなラーメン。ちょうど仕事の途中で京橋に寄ることがあったので、そういえばKiKi京橋の中に「新福菜館」の支店があったなーと久々に黒いラーメンを食べに行くことに。

1395976758119.jpg
KiKi京橋の1F、ちょうど正面入口の扉を入った目の前にお店が。厨房を囲むカウンターとテーブル席で、京都の本店よりも綺麗で広い。

1395975914213.jpg
京橋店は食券制なので、中華そばと、これまた外せないやきめしの小サイズのセットを購入。

1395976082105.jpg
まずは中華そばが。いつ見てもインパクトのある黒いスープ。そしてシンプルな具が好印象。

1395976119116.jpg
京都ラーメンに多いプツッと歯切れのよい麺にスープが染みている感じもいい。見た目はしょっぱそうに見えるが決して塩辛くはなく、醤油の旨みが濃厚。醤油の酸味、塩味、苦みそれぞれがしっかり効いており、スープの油分とうまくまざり、何とも言えないおいしさ。

1395976241255.jpg
ラーメンのたれで炒められた、こちらも黒い見た目のやきめし。これもラーメン同様塩辛くはなく、旨みが濃厚。

懐かしい気持ちになりつつ結構なボリュームながらさらっと完食。久々の新幅菜館は大満足。めちゃ旨かった。これは近いうちに第一旭も食べに行きたくなってきた。

わざわざ京都まで行かなくてもこのクオリティで新福菜館のラーメンを食べられるのは非常にありがたい。また近いうちに食べにくる予感。

ごちそうさまでした!


◆新福菜館 KiKi京橋店
大阪市都島区東野田町1-6-22KiKi京橋1F
営業時間
11:00~23:00
定休日
KiKi京橋に準ずる





人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします




スポンサーサイト

category: 大阪市 京橋エリア

tag: ラーメン 
Posted on 2014/03/29 Sat. 05:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

相変わらず大繁盛 ~魚屋ひでぞう 立ち呑み店~ 難波 

お好み焼きのあとになんとなく向かったのは、久々訪問の「魚屋ひでぞう」。夜の8時頃で混雑する時間だったので待ちが1組。大箱なので回転は良く10分ほどでカウンターへ。

1395397364206.jpg
この日のメニューはこんな感じ(2回クリックで大きな画像)

1395396944134.jpg
ビールはもういい感じだったので冷酒で亀齢(350円)を。かなりの辛口で好きな味。

IMG_20140325_132217.jpg
そして毎回最初の飲み物とセットで注文する刺身盛り合わせ(650円)。相変わらずお得。この日はシマアジ、たこ、まぐろ、いか、平目。特にシマアジがコリっといかっておりおいしかった。

IMG_20140325_132243.jpg
野菜が欲しかったので菊菜としんこのシャキシャキサラダ(300円)。最近春菊を生で食べるおいしさに気づいたので思わず注文。健康的。

IMG_20140325_132300.jpg
牡蠣とキノコのクリームグラタン(550円)。かなり大ぶりな牡蠣とキノコがごろごろ。嫌いだった牡蠣がここ最近食べられるようになってきた気がする。

IMG_20140325_132311.jpg
思わずバケット(150円)も注文。牡蠣の旨みがたっぷりのホワイトソースが旨い。

IMG_20140325_132324.jpg
山芋のからあげ(300円)。けっこうジャンキーな味で仕入れ品?と思うような感じ。

お好み焼を食べてきた後とは思えないくらい注文してしまったさすがにお腹一杯。以上で2人で4杯飲んで3000円ちょっと。相変わらずの大人気でお店にいる間もずーっと待ちが何組かいる状態。次回は最近行けていない近くの「丑寅」に行こうかななどと考えながら帰ります。

ごちそうさまでした!


※毎回記事に満足度を★で表していましたが、あまり意味がない気がしてきたのでやめることにしました。


◆魚屋ひでぞう 立ち呑み店
大阪府大阪市中央区難波千日前9-1
営業時間
17:00~24:00
定休日
水曜日





人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします


category: 大阪市 ミナミ

tag: 立ち飲み 
Posted on 2014/03/26 Wed. 05:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

とんぺいが特に旨い ~法善寺 三平~ なんば 

この日は朝起きた時から何故か体がソースを欲している感じ。なので普段はあまりお好み焼きを食べに行くことはないのだが、仕事終わりに嫁を誘って行くことに。
世間では休日の為、ミナミの有名店「福太郎」や「味乃家」等は観光客風の人たちで大行列。さすがに並ぶのはなーということで向かったのは法善寺横丁にあるお店。

1395391245047_2014032309084839b.jpg
どこか京都の先斗町のような雰囲気もするこのエリア。

1395391241046.jpg
そのちょうど中間あたりにある「法善寺 三平」。
テーブル席はいっぱいだったのだがちょうどカウンターがあいていたのでなんとか席を確保。厨房でお店の人が調理してから各テーブルの鉄板に持ってきてくれるスタイル。

1395391447503.jpg
とりあえず生ビール(500円)。

1395391739445.jpg
焼きあがるまでのアテにトマトスライス(300円)。

IMG_20140321_201616.jpg
そして、何気においしくて驚いたねぎとんペイ(700円)。下にはもやし炒めがひいてある。てっきりソースマヨ味かと思っていたのだが、マヨが添えられた醤油だれにつけて食べる。

1395392213236.jpg
ふわっとした卵の中は、ごま油が香る醤油だれで炒められた青ねぎとカリッと焼かれた豚バラ。それぞれが口の中で一体になってビールとの相性抜群。

1395392244801.jpg
つづいてすじコン焼きそば(900円)を大盛(200円)で。甘辛く炊かれたすじコンがたっぷり。ソースだけに頼っていない控え目な味付けがよかった。

1395392367529.jpg
焼きそばが被ってしまった感があるが、どうしてもモダン焼きが食べたい気分だったので豚モダン(900円)。
カリッと焼かれた太麺とふわっとしたお好み焼が旨い。

1395392531340.jpg
ボトルに入ったソースとマヨネーズをたっぷりかけて食べるとたまらないおいしさ。

家で食べるお好み焼もおいしいが、生地の感じや焼き加減等家で作るのとは明らかな差があり、こういうお店に来るとやっぱり鉄板焼きは外で食べるべきだなーと思う。

以上で生ビール3杯で、ちょうど食べログにクーポンがあったので10%オフにしてもらい4000円ちょっと。
寒い日だったので、鉄板のおかげで体も暖まりお腹も膨れたので満足して帰ります。、、、、、、、、と思ったのだがもう1軒向かうことに。

ごちそうさまでした!


満足度★★★★★★☆☆☆☆


◆法善寺 三平
営業時間
[月~木]
17:00~23:00
[金]
17:00~24:00
[土、祝前]
11:30~24:00
[日、祝]
11:30~23:00
定休日
火曜日(祝日を除く)





人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします

category: 大阪市 ミナミ

tag: 鉄板焼き、たこ焼き 
Posted on 2014/03/23 Sun. 00:34  edit  |  tb: 0   cm: 2  

たまにはこういう店も ~ドルチェモスカート~ 中山寺 

ここのところ仕事が忙しく、そこに花粉症の季節がやってきてさらに風邪をひくというトリプルパンチのおかげで更新が滞っていました

さて、この日は嫁と少し遠出をして宝塚市の中山寺駅に行く用事が。せっかくなので周辺でランチでもと思い見つけたのがイタリアンの「ドルチェモスカート」というお店。 同じようなイタリアンの業態が何店舗かあるチェーン店のよう。

1394935580051.jpg
中山寺駅から南へ歩いて5分程。白壁のかわいらしい外観。ネットのクチコミによるといつも待ちが出るほどの人気ということだったので、開店時間を目指して行ったところさすがにすんなりと案内してもらえた。

1394936093259.jpg
ランチメニュー(2回クリックで大きな画像)はこんな感じ。他にもグランドメニューやコースメニュー等、メニュー表がいっぱいありすぎて若干見にくい。

今回はカンパーニャランチ(1180円)というパスタ、サラダorバゲッ塔(バゲットにオリジナルのバターを染み込ませて焼いた名物メニュー)、ドリンクのセットを注文。

1394936380683.jpg
まずはバゲッ塔が登場。Pisaの斜塔のイメージらしい。30㎝位の大きさでアツアツ。味はミルクバターをチョイス。嫁ははちみつバター。その他にも明太子バターやガーリックバター、さつまいもバター等8種類ほどから選べる。まん中に切り目を入れてバターを塗って焼いているようで、かむとジュワッと甘いバターが染み出てくる。なかなかおいしい。

IMG_20140319_211153.jpg
そしてパスタが。やりいかとほうれん草とツナのアーリオオーリオ。結構ボリュームたっぷり。麺は平打ちのリングイネのような形。麺の感じからして冷凍かも。ちゃんとあつあつで味は悪くない。

1394936729125.jpg
嫁注文の和風明太子バターソース。麺は同じ。これはまぁよくある味。

1394936573417.jpg
最後にセットのドリンク。

全体的に可もなく不可もなくといった感じ。接客は感じよく、味もそこそこ。それに各テーブルが結構広めで子供を連れてきやすそうなので家族連れでいっぱい。帰る頃には10人以上の待ちも。
わざわざ行くというほどではないが、近所にあると嬉しいかも。

ごちそうさまでした!


満足度★★★★★☆☆☆☆☆


◆ドルチェモスカート
兵庫県宝塚市中筋8-13-8
営業時間
11:00~22:30
定休日
1月1日





人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします

category: 兵庫県

tag: イタリアン 
Posted on 2014/03/20 Thu. 09:30  edit  |  tb: 0   cm: 0  

不完全燃焼 ~大阪王将 千日前店~ 難波 

赤垣屋を出た後、嫁が「餃子とライスが食べたい!」といい出したので、すぐ近くにある「大阪王将」へ。

1394364331980.jpg
よく比べられる「大阪王将」と「餃子の王将」。個人的なイメージとしては大阪王将は小綺麗で少し割高。ただ餃子は大阪王将の方がおいしい。餃子の王将はいい意味で雑で味のバラツキあり。ただ大阪王将より安くてボリュームあり。

注文したのは千日前セットという生ビール、餃子1人前、唐揚げ3個で1000円のセット。あとはレバニラとライスを注文してシェアすることに。

1394364436946.jpg
まずは生ビール。

1394364836037.jpg
定番の餃子。きれいな焼き色。餃子の王将より薄皮で餡は肉感がある。卓上には味噌だれもあるがやっぱり酢醤油の酢多めがいいなー。

1394365006126.jpg
レバニラ炒め(630円)。第一印象は「もやし多っ、レバー少なっ」。味ももやしが多いせいか水っぽくいまいち。

1394365009675.jpg
セットの唐揚げ。恐らく揚げ置きしたものを2度揚げしているのか、衣ががっちがち。

餃子とビール以外なんとなく微妙な印象。外れの日だったかも。
王将で食べたーという満足感があまりなく、不完全燃焼で帰りました。

ごちそうさまでした。


満足度★★★★☆☆☆☆☆☆


◆大阪王将 千日前店
大阪市中央区難波千日前11-28
営業時間
[月~土]
11:00~24:00
[日]
11:30~23:00
定休日
無休





人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします

category: 大阪市 ミナミ

tag: 中華、餃子 
Posted on 2014/03/13 Thu. 09:45  edit  |  tb: 0   cm: 0  

いい意味での中の中 ~赤垣屋本店~ 難波 

会社でもらった義理チョコのお返しを買いに仕事終わりでなんば高島屋へ。一人だとどうも恥ずかしいので嫁についてきてもらい、いい感じのお菓子を購入。そしてせっかく難波に出てきたのでまっすぐ帰るとはならず、ただ立ち飲みはしんどい気分だったので座れる居酒屋へ行くことに。

1394362051419.jpg
立ち飲みをよくみかける「赤垣屋」の本店。ここは椅子ありで基本的に料理も飲み物も280円の均一価格。刺身盛り等一部メニューは倍の560円。
1階は同じく赤垣屋の回転寿司なので入口は2階。広くてこぎれいな店内は3階もある大箱。

1394362187299.jpg
メニュー(2回クリックで大きな画像)はこんな感じで季節ことに旬のメニューが登場する。

1394362295765.jpg
まずは生ビール。この店はキリン一番搾りの小ジョッキで280円。キリン淡麗の大ジョッキも280円なのだが、やっぱり1杯目は発泡酒でなくビールがいい。

1394362411958.jpg
新玉ねぎとカリカリじゃこのサラダ。青じそっぽいドレッシング。

1394362659303.jpg
若鶏の唐揚げ。衣にカレー粉が入っておりビールによく合う。ムネ肉というのが嬉しい。ここ最近モモ肉のから揚げよりさっぱりしたムネ肉派に。

IMG_20140312_101519.jpg
出し巻き卵玉子。ちゃんと巻きたてでこれはお得メニュー。

1394363027510.jpg
かますの一夜干し。

1394362784971.jpg
2杯目は淡麗に。

1394362749048.jpg
新じゃがいもの唐揚げ。唐揚げというか素揚げ?な感じなのだがフライドポテト感覚でなかなかいい感じ。

1394363022698.jpg
最後に焼きそばを。これもまずまず。

以上でしめて2800円。二人でドリンク4杯でちょうど10品注文。料理に特にひねりがあるわけでもなく、ボリュームもそこそこ。味もそこそこ。ただ、逆に外れもあまりないので店選びに困ったときには選択肢にあがってくる感じのお店。こういう店があるのはありがたい。

ここでしめてもよかったのだが、エンジンがかかってきたのでもう一軒行くことに。

ごちそうさまでした!


満足度★★★★★☆☆☆☆☆

◆赤垣屋本店
大阪市中央区難波3-1-16
営業時間
[平日]
17:00~23:00
[祝日の金、土]
12:00~23:00
[日、金以外の祝日]
12:00~22:00
定休日
無休





人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします

category: 大阪市 ミナミ

tag: 居酒屋 
Posted on 2014/03/12 Wed. 11:27  edit  |  tb: 0   cm: 2  

台北食べ歩きの旅④ 


胡椒餅を食べた後、近くの市場をぶらぶらしてから向かったのは映画館やファーストフード、カフェ等がある繁華街「西門」。そこに、麺線という台湾を代表する料理を出す老舗のお店があるので行ってみた。

1393989101592.jpg
店の名前は「阿宗麺線」。改装されており非常にきれい。テーブル等はないのでみんな周りの歩道で立ち食い。

1393989156152.jpg
メニューも麺線の小(150円位)と大(200円位)の2種類のみ。小を注文。渡される前にパクチーがいるかどうか聞かれるのでパクチー入りで。日本ではまずお目にかかれない変わった料理で、素麺のような細い麺がとろみのあるスープで噛み応えがないくらいまで煮込まれており、麺といいつつレンゲで食べる。具は柔らかく煮込まれたモツ。味はガツンと来るかつおだしがベースで酸味もあり、唐辛子やにんにく入り。店の前のにんにく醤油や烏酢というウスターソースのようなものをお好みで入れる。

1393989471240.jpg
食べた事のないような味なので始めは驚くがなんともいえないおいしさ。ぷりぷりしたモツがいい感じ。

この後は腹ごなしにスーパーで買い物をしたりして、預けていた荷物を取りに一旦ホテルへ。
そして台北最後のご飯へ。

1393998098630_201403091602102ae.jpg
中山駅から歩いて5分ほどの裏通りにあるお店「福大蒸餃館」。

1393998191583_201403091602110e6.jpg
厨房ではひたすら餃子を包んでます。2時過ぎという時間ながら店はお客さんでいっぱい。なんとか壁側のカウンターへ。

1393998585501.jpg
まずは最後の台湾ビール。

そして入口の脇にある冷蔵ケースへ冷菜を取りに。

1393998577769.jpg
中華の干豆腐かと思ったら、ひやむぎのような麺の和えものだった。シンプルに塩とごま油の味でなかなかおいしい。

1393998581523.jpg
そしてもう一品、胡瓜と焼豚の和えもの。台湾ぽい甘い焼豚がうまい。どちらも100円位。

1393998852398.jpg
メニューはなんとなく判別できる。

1393998574665.jpg
ますは蒸し餃子(280円位)が。見た目からしてうまそう。朝食べたこちらの水餃子よりさらにジューシーで肉汁がたっぷり。かなりおいしい。

1393998842079.jpg
つづいて湯餃(400円位)。いわゆるスープ餃子。めちゃめちゃ大きな器に10個。

1393999099803.jpg
餃子自体は蒸し餃子と同じだと思うが、とろっとした中華スープに入っているのでまた違った味わい。

1393999203510.jpg
ラー油や辛味噌を入れるとさらに旨い。

1393998847133.jpg
かなりお腹は膨れていたが、食べ納めなのでワンタン麺を麺抜きで注文(250円位)。
湯餃とは違う薄皮でつるっと食べられるワンタンがこれもたっぷり。餃子より細かいミンチでこれもおいしい。スープの中の青ザーサイと海苔がいいアクセント。

かなり食べたのでさすがにおなかいっぱい。ビールも結構飲んで2人で1500円位。大満足。

と以上で台湾食べ歩き終了。どこで食べても外れがなく、おいしくて安いグルメに溢れた国で人もやさしく、今回の旅で益々台湾が好きになりました。
また近いうちにpeachのセール狙いで来たいと思います。

ごちそうさまでした!





人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします

category: 海外

tag: 海外 
Posted on 2014/03/11 Tue. 05:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

台北食べ歩きの旅③ 

台北2日目、そして早くも帰国日でもあるので、早起きして朝ご飯はホテルから歩いていける距離にある地下鉄の雙連駅横の雙連朝市へ。
向かっていると、以前行って美味しかった水餃子屋さん「三五水餃」があいていたのでまずはここで腹ごしらえ。ちょうど雙連朝市の入口の横にあります。

1393981929754.jpg
メニューは水餃子と小皿料理、酸辣湯しかないので水餃子1人前(200円位)と酸辣湯(90円位)を注文。

1393981925585.jpg
まずは酸辣湯が。豆腐や筍、人参等安いのに結構具だくさん。台湾で今まで食べた酸辣湯は基本どれも刺激は抑えめで、たいていの店で汁物といえば酸辣湯なので日本でいう味噌汁的な位置づけなのかも。個人的には卓上の酢とラー油を入れたぐらいがちょうどな感じだった。

1393982218068.jpg
続いて茹でたての水餃子が。大ぶりで1人前10個。

1393982260464.jpg
酢、醤油、それに辣椒醤という辛味噌を直接かける。
皮は厚めでもちもちしており表面はつるんとした舌ざわり。餡はキャベツとミンチでかなりジューシー。めちゃくちゃうまい。狭い店だが地元の人が続々やってきて、みなさん水餃子と酸辣湯をさっと食べて帰って行くスタイル。完全に餃子が国民食になっている。

店を出てそのまま朝市に向かったもののこの日は食べ物屋台があまり出ていなかったので観光と台湾名物の胡椒餅を食べに地下鉄で龍山寺まで移動。

1393986049055.jpg
柱や天井の細かな彫刻に感動しつつ、

1393986397387.jpg
お目当ての「福州元祖胡椒餅」へ。龍山寺駅の横の細い路地を入った先にお店が。

1393986437559.jpg
胡椒餅はミンチと大量の葱、たっぷりの胡椒の餡を生地で包み、写真にある高温の釜の壁に貼り付けて焼く屋台の定番料理。台北ではこの店が1番人気ということ。1個150円程。

1393986496867.jpg
小さめの肉まんくらいのサイズで表面にはごまがびっしり。

1393986520141.jpg
かぶりつくと熱々の肉汁が出てくる、、、、はずがこの日は出てこない、、、。いつもは行列ができており焼きたてをすぐに食べられたのだが、この日はいいのか悪いのか誰も並んでおらず焼きたてでなかったからかも。ただ、ぎっしり食べ応えのある胡椒のパンチの効いた餡ともっちり香ばしい生地はうまい。次回は焼きたてを狙いに行ってみよ。


長くなりそうなので④へ続きますm(__)m




人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします

category: 海外

tag: 海外 
Posted on 2014/03/10 Mon. 05:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

台北食べ歩きの旅② 

台北1日目の晩御飯。台湾には熱炒(ルーチャオ)という日本でいう居酒屋のような店があり、泊まっていたホテルの近く、長安東路という通り沿いに熱炒ロードといわれるこの熱炒が集まったエリアがあるので台北にきた際は夕食は毎回そこで食べる。

1393928689067.jpg
今回はその中でも特に流行っていそうな雰囲気の「中央市場生猛活海鮮」というお店へ。かなりの大型店で100人以上は入れそう。仕事終わりのサラリーマンや学生同士っぽい飲み会等いろいろな客層でいっぱい。

1393929277374.jpg
熱炒ではどこの店も基本飲み物はセルフ。ビール大瓶でだいたい250円~350円位。

1393929424355.jpg
そして、料理の注文は紙に書いて店員に渡すというシステム。どのメニューも大体100元(340円位)で炒飯や焼きそば等は80元とかなり安い。

まずは台湾ビールで乾杯。

1393929446801.jpg
料理はすぐに出てくる。葱爆牛肉(牛肉と葱の強火炒め)。柔らかい牛肉とたっぷりの葱がさっと炒められており、味付けはいかにも中華の炒め物といったごま油の香るビールに良く合う味。

1393929840749.jpg
白ご飯はセルフで食べ放題なのでこんな感じで

1393929479531.jpg
これは客家小炒というお気に入りの台湾の定番家庭料理で、スルメいかと塩漬けの豚肉、セロリと葱をピリッと唐辛子の辛さが効いた甘辛いタレで炒めた料理。濃い目の味付けながら旨い。

1393929844396.jpg
定番の空心菜炒め。外れのない想像通りのおいしさ。

1393931756588.jpg
時間が経ってくるとすごい活気に。ビール会社から派遣されてきた売り子のお姉さんが客のあいてるグラスを見つけてはどんどんビールを注いでくるのでおのずとハイピッチになる。

1393929927107.jpg
この日はバドワイザーの会社からの派遣だったようで、台湾でなぜかバドワイザーを飲む羽目に

1393929640757.jpg
宮保鶏丁。鶏とカシューナッツのピリ辛炒めと思って注文したのに何故かカシューナッツは見当たらない。ただ、揚げた鶏肉に甘辛いタレが絡まって、一緒に炒められた唐辛子の辛さと風味が旨い。

1393930770743.jpg
炒めものが続いたので酸菜肚方湯(酸菜とモツの煮込みスープ)を注文。白菜でつくる酸菜という漬物と細切りのモツ、キクラゲ、筍等が入ったあっさり塩味のスープ。すっきり美味しいが量が多すぎ確実に1ℓはある。

1393930677056.jpg
パイナップルビール。台湾に来るたびに気になっていて初挑戦。、、、、がこれは完全に失敗。パインの果汁が入ったビールなのだがかなり甘いパインソーダみたい。女性にはいいかも。

1393932381985.jpg
お腹はかなりパンパン。ただ、せっかくなので炒飯も注文。キャベツと台湾の甘い腸詰が具入っており、少しオイリーだが熱々でいい感じ。

ちょっと食べすぎてしまった。これだけ食べて飲んで2800円ほどとかなり安い。味も雰囲気もいいし大満足でした。やっぱり熱炒は最高。

生憎の雨の中、ほろ酔い気分で大満足で帰ります。

この後は足つぼマッサージ(痛すぎ)をしてからホテルに戻って就寝。

台北1日目終了。




人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします

category: 海外

tag: 海外 
Posted on 2014/03/09 Sun. 09:55  edit  |  tb: 0   cm: 2  

台北食べ歩きの旅① 

以前釜山に旅行に行った友人と今回は台北へ食い倒れの旅に。ここ1年で台北は3回目なのでよりローカルな店を中心に食べ歩きました。

1393886143622.jpg
前回同様、peach(往復で諸経費合わせて1人17000円ほど)を使って1泊2日の強行スケジュール。ただ台北便は午前着の夕方発なので滞在時間は結構長め。始発で自宅を出て7時50分発の飛行機で台北へ。空港に到着後バスで台北市内へ到着し、最初に向かったのは牛肉麺の店。

IMG_20140306_180330.jpg
台北駅から歩いて10分程の細い路地を入った先にある城中市場という観光客はなかなか来ないようなディープなエリアにある「老牌牛肉拉麺大王」というお店。清潔感やおしゃれさは全然無い、雑多なアジアの雰囲気が漂う。

1393905966848.jpg
オープンエアーでめちゃくちゃチープな丸椅子とテーブルが並ぶ店内はちょうど昼時ということもあり地元の人でいっぱい。店の前の大釜で大量の麺が次々茹で上げられていきます。持ち帰りも出来るようでひっきりなしにお客さんが。
ボリュームがすごいということだったのでそれぞれ小サイズで牛肉拉麺(350円位)と炸醤麺(170円位)を注文。

IMG_20140306_180217.jpg
近くのコンビニで買った台湾ビールを持ち込んで乾杯(この辺は自由)。

IMG_20140306_180249.jpg
こちらが炸醤麺。がっつりにんにくが効いており八角等の香辛料が香る甘辛い肉そぼろが大量に。汁なしなのでグルグルかき混ぜて食べます。見た目は寂しいけど、これがめちゃくちゃ旨い。

IMG_20140306_180234.jpg
そしてこちらが牛肉拉麺。小サイズでも普通の丼サイズ。これもにんにくが効いており、香辛料が香る甘めの醤油ベースのスープ。そして柔らかく煮込まれた牛肉がごろごろ。日本ではなかなか味わえない、なんと表現していいか分からない複雑な味ながら旨いのは確か。

IMG_20140306_180518.jpg
卓上にはラー油やトウチと唐辛子が入った油、にんにく、高菜漬け等の薬味があるのでたっぷり入れて食べるとどちらもさらにおいしくなる。

IMG_20140306_180540.jpg
そしてなんといっても、さぬきうどんの麺を細くしたような感じでしっかりコシのある麺が最高。

最初から大満足。これは台北に来たら毎回来そうな予感。旅行中というテンションを差し引いてもかなり旨かった。

お腹一杯になったので一旦ホテルに荷物を預けに行き、身軽になったところでお次は定番の小龍包を食べに行くことに。

1393913146022.jpg
中山というエリアにある「京鼎包」というお店。かの有名な「鼎泰豐」で修業をした方が開いたお店らしい。入ってすぐの厨房で5人くらいで黙々と小龍包を包み中。客席は地下にありシンプルな内装。鼎泰豐のような高級感のある作りでないのが逆にいい。

IMG_20140306_180415.jpg
まずは台湾ビール。

IMG_20140306_180351.jpg

IMG_20140306_180404.jpg
そして小龍包が来るまでのアテに、台湾ではたいていの店にある小菜といわれる小皿の冷菜から胡瓜の甘酢と五香茄子を。どちらもシンプルな味付けでおいしい。

IMG_20140306_180431.jpg
お待ちかねの小龍包。この見た目、なんともそそられるなー。

IMG_20140306_180449.jpg
レンゲに乗せて皮を破るとスープがたっぷり。針生姜と酢醤油で食べるとうまい!すっきりした味のスープが口の中に広がり肉の旨みもしっかり。そして最後に生姜と酢でさっぱりでき、よく出来た料理だなーと思う。

ビールをもう1本飲んで1500円ほどと安くておいしくて満足。台北に来て最初の2軒、なかなかいい感じでスタートしました。

この後は先にお土産を買い回り、夜ごはんに続きます




人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録中です。
よかったらクリックお願いします

category: 海外

tag: 海外 
Posted on 2014/03/08 Sat. 05:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。