01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

家系 ~武蔵家~ 大井町 

s-20150211_152525_298.jpg
東京出張2日目。

s-IMG_20150226_101810.jpg
s-IMG_20150226_101758.jpg
前日の夜は、東京で働いている高校の同級生で集まりワインをたらふく堪能。ただ、いかんせん店内が暗く写真がダメダメだったので割愛。

20150211_151732_237.jpg
翌日は完全な二日酔いでなんとか仕事をこなし、昼は大井町でラーメンを食べてきました。
りんかい線の大井町駅から徒歩5分ほどの横浜家系ラーメンの「武蔵家」。昔東京に住んでいた頃何度か来たお店です。食券機でラーメン並680円とトッピングのキャベツ100円を購入。

20150211_151915_307.jpg
家系なので麺の硬さ、味の濃さ、脂の多さ、ライスの有無が選択可能。全部普通で半ライスにしました。

20150211_152525_298.jpg
大量の茹でキャベツがのった、これぞ家系というルックス。表面に脂が浮いたスープに海苔、ほうれん草、チャーシューと少量の刻み葱。

20150211_152605_860.jpg
中太のストレート麺はつるっとのどごしが滑らか。ちょっと茹で過ぎな感があったので硬め注文の方がいいかもしれません。

20150211_152620_485.jpg
甘めの豚骨醤油スープは、とろりとした粘度を感じるなかなかの濃度。複雑系ではなく分かりやすい旨さ。少し塩分キツメなところをキャベツやほうれん草で緩和できいいバランス。そして白飯にもぴったり。チャーシューはごく普通のモモチャーシュー。

20150211_152731_680.jpg
スープと脂を吸った海苔ライスも家系定番ですね。ジャンキーでおいしい。

二日酔いもおさまりサクッと完食です。わざわざ足を運ぶほどではなくとも、まずまず満足できる家系ラーメンでした。
朝の7時からは朝ラーメンなるものもあり、通し営業というのも使い勝手がよさそうです。

◆武蔵家
東京都品川区大井町5-4-10
営業時間
[金]
7:00~翌3:00
[金以外]
7:00~翌2:00
定休日
無休

ブログランキングに登録中です。
下の2つのバナーをクリックしていただけると喜びます




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 東京都

tag: ラーメン 
Posted on 2015/02/26 Thu. 10:05  edit  |  tb: 0   cm: 0  

う~ん ~カレーは飲み物~ 池袋 

s-IMG_20150217_133625.jpg
この日は東京へ出張に。毎回お昼に何を食べるか考えるのが楽しみなのですが、嫁が「テレビで見たカレー屋が良さそうだったよ」と教えてくれたので、試しに行ってみました。

20150210_123405_200.jpg
池袋西口から歩いて5分ほどの、「カレーは飲み物」というなかなかインパクトのある店名のカレー屋。ちょうど昼時ということもあり、5人ほど待ち客が。
もともとはラーメン屋だったような造りでL字のカウンターのみ。メニューは黒い肉カレー(890円)と赤い鶏カレー(790円)の2種。小盛のご飯200g、中盛300g、大盛400g、山盛500gが同料金。今回は肉カレーの中盛の食券を購入。

20150210_124429_764.jpg
3つトッピングを選べるシステムで、二郎系のラーメン屋のように自分のカレーが盛りつけられる時に店員から何にするかを聞かれます。そういえば看板もどこかラーメン二郎風。味玉、ポテトサラダ、フライドオニオンをチョイスしました。

IMG_20150217_133625.jpg
インパクトあるビジュアル。トッピングと別に千切りキャベツとレモンが添えてあります。

20150210_125106_508.jpg
具はラーメン屋のチャーシュー風の肉が3つと、

IMG_20150217_133650.jpg
なぜか大根、、、。味も食感もカレーに合っているとは思えず正直なくてもいい感じ。トッピングも業務用っぽいポテサラとフライドオニオンで、見た目に反して味はスパイス感もあまり感じない相当チープなもの。
そして一番の問題が温度。1人前ずつ手鍋で温めて提供するオペレーションなのですが、温めが不十分で50℃もなさそう。ぬるいせいで粘性が上がりどろっと重たく、味もぼやけていて、店名にあるような「カレーは飲み物」とは決して言えない残念な仕上がりでした。

食後は皿をカウンターの上にあげて、カウンターを布巾で拭きあげるというルールも二郎風。

コンセプトやヴィジュアルは面白いと思うものの、味がなんとも残念。もう少しトッピングをこだわって、スパイスの効いたサラッとしたカレーにした方が個人的には嬉しいような。890円も特に安いとも思えず、再訪はないかな。

◆カレーは飲み物 池袋店
東京都豊島区池袋2-19-3天宗ビル1F
営業時間
昼11:00~、夜17:30~ カレーがなくなり次第終了
定休日
無休

ブログランキングに登録中です。
下の2つのバナーをクリックしていただけると喜びます




人気ブログランキングへ

category: 東京都

tag: その他 
Posted on 2015/02/17 Tue. 18:02  edit  |  tb: 0   cm: 0  

台北食べ歩き2015 2日目② 

s-IMG_20150215_143153.jpg
朝食の後はチェックインを済ませ温泉へ。
台湾は日本の統治時代の名残から日本風の建物が並ぶ温泉街が至る所にあります。台北周辺では北投温泉というエリアがガイドブックなどでも取り上げられ有名ですが、もう少しマイナーで観光客が少なそうなところが良かったので行義路温泉という場所へ行ってきました。

20150204_120620_498.jpg
台北から地下鉄で石牌駅というところまで行き、そこから路線バスで20分ほど。台北駅からは1時間もかからず到着です。(バスの行先表示が分かり辛く、逆方向行きのバスに乗ってしまったので実際にはもう少しかかってしまいましたが、、、、)

IMG_20150215_143426.jpg
結構な山の中にあります。10軒程の温泉施設があり硫黄の匂いが充満。温泉に来たぞという気持ちになります。

20150204_120631_151.jpg
今回は温泉街の一番奥の「山之林」という温泉へ。入浴だけなら800円ほど。もしくは施設内の食堂で1500円ほど注文すると入浴がただになるというシステム。ここでお腹を膨らますのもどうかと思い、今回は入浴だけにしました。

1423058179886.jpg
施設自体はお世辞にもきれいとは言えず、日本の温泉と比べるとかなりディープな雰囲気ですがお湯の質は最高。川添いのロケーションもいい感じ。白濁したいかにも効きそうなお湯で、サウナや打たせ湯もあり、ほかにお客さんもほとんどいなかったのでかなりまったりできました。ただ、2つあるメインの浴槽のうち一つの湯温が49度という驚異的な熱さにはびっくり。なんだかんだで1時間ほどゆっくり。

温泉を出てからは、台北駅まで戻り名残惜しいですが最後の食事へ。

DSC_0168.jpg
そういえば水餃子を食べていなかったなということで、台北駅北側の「八方雲集」というお店へ。

DSC_0169.jpg
台湾では有名な水餃子のチェーン店です。

IMG_20150215_142906.jpg
店員にビールがあるか聞くと、置いていないので隣のセブンイレブンで買ってきてということなので、コンビニで調達。餃子屋でビールなどのお酒がないというのは、日本ではなかなか考えられませんが台湾では結構よくこういうお店に遭遇します。但しその分持ち込みにも寛容。台湾人は餃子を食べてもビールを飲みたくならないのかなぁ。

DSC_0170.jpg
まずは小菜を取りに。

IMG_20150215_142928.jpg
山クラゲ。コリコリした食感はいいのですが、かかっているタレが甘すぎて口に合わず。

IMG_20150215_142943.jpg
もう1品、ミミガ―の薄切り。ほのかに八角が香りおいしいです。

IMG_20150215_142957.jpg
焼き餃子。ほとんどのお店は最低注文個数が決まっているのですが、ここは1個単位で注文できるところもポイント高し。
餡に生姜がしっかり効いた味付け。パリッとした皮も旨いです。

IMG_20150215_143013_20150215164258db7.jpg
細切り豚とザーサイの汁そば。あっさりした塩味スープ。青ザーサイのシャキシャキ感と香りがいい。

IMG_20150215_143040_20150215164259b49.jpg
もっちりしたうどんのような麺もおいしいです。

IMG_20150215_143153_201502151643005f3.jpg
水餃子。肉、ニラ、海老の3種を2個ずつ。

IMG_20150215_143221_20150215164302507.jpg
もっちりつるんとした皮に、しっかり味の餡。チェーン店と侮るなかれ。水餃子は台湾ではどこで食べてもハイレベルです。日本にあれば通いたくなるレベルのおいしさ。

IMG_20150215_143310.jpg
まだいけそうだったので、ピリ辛と、野菜水餃子も。それぞれしっかり特徴があって甲乙つけがたい。

しっかり台湾グルメを満喫しました。これだけ食べて1000円程と会計でもびっくり。
この後は残ったお金でお土産を買って空港へ。(空港でもビールは飲みましたが、、)

長々と書き連ねましたが台北旅行記でしたが以上で終了。食べて飲んで、たったの1泊2日ですがかなり楽しめました。
次回は台湾南部の高雄・台南あたりへの旅行を計画中です。



ブログランキングに登録中です。
下の2つのバナーをクリックしていただけると喜びます




人気ブログランキングへ

category: 海外

tag: 海外 
Posted on 2015/02/16 Mon. 08:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

台北食べ歩き2015 2日目① 

s-IMG_20150215_083626.jpg

台北食べ歩き2日目。
1日目にいろいろ食べ歩いて胃が大きくなったのか、朝起きた時からかなりの空腹状態。台湾の朝食といえば豆乳と揚げパンやお粥などが有名ですが、お腹の調子がよさげだったので朝からがっつり行くことにしました。

20150204_085359_199.jpg
向かったのは駐在の日本人も多い中山エリアにある「吉星港式飲茶」。地下鉄中山駅から徒歩5分程。ここ以外にも台北に何店舗かある24時間営業のチェーン店です。

DSC_0165.jpg
結構大箱で清潔感のある店内。観光客と地元客が半々といったところ。大通りに面した公園が見渡せる窓側の席へ。

DSC_0164.jpg
旅行の醍醐味の朝ビール。最高。

IMG_20150215_083558.jpg
卓上には最初から小皿が何種類か置いてあり、食べたいものだけ残してもらいます。その中で胡瓜の和えものを。結構ピリ辛で朝からこの辛さはなかなかきつめ。

IMG_20150215_083626.jpg
海老と叉焼の五目炒飯。たっぷり2人前位の量があります。

20150204_090831_232.jpg
ご飯は長粒米。パラパラで味付けも濃すぎず薄すぎずちょうど。具の旨みもしっかり感じるかなり好みの味。

20150204_091823_215.jpg
海老蒸し餃子。ぷりぷりの海老とニラ、そしてパクチーがアクセント。ピリ辛のたれにつけて食べます。
むっちりした透明感のある皮でこれも旨い。

20150204_091818_807.jpg
そして、これを目当てにやってきたワンタン麺。澄んだ醤油ベースのスープで、大ぶりのワンタンと台湾ではよく見かけるター菜が具。ワンタンはつるっとのど越しがよく、ぷりぷりの海老の食感が旨し。

20150204_092044_361.jpg
麺は幅広でウェーブのかかった柔らかい麺。スープはあっさりチキンスープなのですが若干漢方臭いあまり好みではない感じ。

20150204_092438_577.jpg
最後にジャスミン茶で充実朝ごはん終了。2人で2000円位だったかな。とにかくチャーハンのおいしさが印象的でした。

この後はチェックアウトを済ませた後、少し足を延ばして郊外の山の中にある温泉へ向かいます。

ブログランキングに登録中です。
下の2つのバナーをクリックしていただけると喜びます




人気ブログランキングへ

category: 海外

tag: 海外 
Posted on 2015/02/15 Sun. 14:08  edit  |  tb: 0   cm: 0  

台北食べ歩き2015 1日目② 

s-20150203_184659_780.jpg
ホテルに荷物を置いて、身軽になったところで台北1日目の晩ご飯へ。

20150203_183649_234.jpg
台北駅から歩いて15分ほどの長安東路という通り添いに100元均一の台湾式居酒屋【熱炒(ルーチャオ)】が建ち並ぶエリアがあります。台北は今回で4回目なのですが、4回とも晩ご飯はこのエリアのお店。その中の1軒「鮮定味」へ。

20150203_184547_588.jpg
早い目の時間だったのですいていましたが19時頃には100席近くあるにもかかわらず満席に。オープンエアーで気持ちがいいです。

20150203_183824_572.jpg
ビールは自分で冷蔵庫から取ってくるスタイル。

20150203_184139_618.jpg
写真では分かりにくいですが、18daysと書かれた賞味期限がわずか18日しかないというフレッシュなこのビールが台湾では一番おいしい気がします。

20150203_184143_464.jpg
突き出し。枝豆を胡麻油、にんにく、黒胡椒で和えてあり相当ビールに合います。
注文はメニューが書かれた紙に数字を書いて店員に渡せばOK。漢字からなんとなくどんな料理か分かるので台湾語が分からなくても問題なし。

20150203_184536_775.jpg
飽きもせず空芯菜炒め。昼に食べたものに比べるとジャンキーな味(おそらく味の素が多い)ではありますがやはり旨い。

20150203_184659_780.jpg
海老とナッツの炒め。カリッと揚げた海老とナッツを唐辛子、にんにく、甘辛だれで味付け。これも相当ビールが進む味。この日頼んだ中ではこれが一番お気に入り。

20150203_184703_660.jpg
麻婆豆腐。テンメンジャン等の味噌系の味付けではなく、とうがらし、にんにく、醤油ベース。にんにくががっつり効いていて少し塩分が濃いかなぁ。

20150203_185010_251.jpg
そんな時に、ここは白飯が食べ放題なのでオンザライスにすると旨すぎです。

20150203_190836_418.jpg
台湾ビールも追加。

20150203_184802_157.jpg
茄子のピリ辛炒め。味の傾向は麻婆豆腐と同じ。

20150203_184544_557.jpg
熱炒で毎回注文するイカ、塩漬豚肉、厚揚げ、セロリの炒め物。メニューでは客家小炒と書かれてます。
セロリがなんともいいアクセントでお酒にもご飯にもぴったり。

20150203_184728_449.jpg
出てくるまでがめちゃくちゃ早いのですぐにテーブルがいっぱいになります。


他にも台湾風の鶏なんこつ唐揚げや鴨肉の蒸し物、それに大瓶を4本飲んで二人で3500円ほど。全体的に濃い目の味付けですが日本人にも違和感のない料理ばかりでかなり熱炒はおすすめ。この日も大満足でした。

この後は台湾名物の夜市でも軽く屋台飯を食べたのですが、ほぼ口に合わず。ホテルに帰って翌日に備えることにしました。

2日目へ続きます。

ブログランキングに登録中です。
下の2つのバナーをクリックしていただけると喜びます




人気ブログランキングへ

category: 海外

tag: 海外 
Posted on 2015/02/09 Mon. 08:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

台北食べ歩き2015 1日目① 

s-20150203_124739_306.jpg
仕事上、2連休以上はなかなかとり辛く、ただ海外旅行は行きたい!ということで約1年ぶりに前回と同じ友人と台北へ1泊2日の弾丸食べ歩きの旅に行ってきました。
※ちなみに前回の記事はこちら

20150203_073539_616.jpg
飛行機はいつものpeach。始発で家を出て7時50分発の台北行を利用。往復の航空券と空港税等の諸経費込みで15000円ほど。1時間時差のある台北へは現地時間の10時頃に到着。帰りは18時50分発なので丸々2日使えます。効率よく目星をつけていた店を食べ歩いてきました。

20150203_123041_251.jpg
空港からバスで台北市内へ向かい時間は11時過ぎ。まずはベタに小龍包です。かの有名なディンタイフォンを抑えて台湾人が選ぶ小龍包1位に選ばれたという「點水樓」。何店舗かあるうちの台北駅から徒歩県内の懷寧店へ。なかなか高級感のある佇まい。最近テレビでもよく取り上げられていたためか、半分ほどは日本人観光客でした。

20150203_123500_377.jpg
おまちかねの台湾ビール。アジアのビールにありがちなあっさりした味わいで海外に来たなーと実感。

20150203_123646_384.jpg
料理を注文し待つ間に、台湾ではたいていのお店にある小皿料理の小菜(シャオツァイ)を取りに入口のショーケースへ。箸休めに最適。

20150203_123733_158 (1)
メンマをチョイス。ネギ油で絡めてありまずまずのおいしさ。

20150203_124142_415.jpg
小龍包といえばの、針生姜と黒酢をスタンバイしておきます。

20150203_124739_306.jpg
10分ほどで注文していた4種類の小龍包が。基本の小龍包、かに、XO醤、そして台湾では定番のヘチマと海老でそれぞれ5個ずつ。真ん中にある緑のものは種類を区別する目印のようです。
味はというと、結構しっかり肉の味を感じる餡とスープ。皮の食感も良く旨い。

20150203_125010_264.jpg
ヘチマはこんな感じでスープはあまりありません。冬瓜のような感じかな。
XO醤はピリ辛で蟹はあまり分からず。結論としては基本の味が一番。

20150203_125937_701.jpg
そして大好物の空芯菜炒め。シャキシャキの食感ににんにくと塩の加減が絶妙。間違いない旨さ。ツレには少し薄かったようですが。

大瓶を3本頼んで日本円で4000円ほど。まぁ台湾と考えれば安くはないですがかなり満足。

20150203_133009_672.jpg
この後はお土産を買ったり足つぼマッサージを堪能し、晩ご飯へ向かいました。

ブログランキングに登録中です。
下の2つのバナーをクリックしていただけると喜びます




人気ブログランキングへ



category: 海外

tag: 海外 
Posted on 2015/02/08 Sun. 08:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

やきめしが、、、 ~新福菜館 KiKi京橋店~ 京橋 

s-20150120_130114_523.jpg
この日は仕事で京橋経由で京都方面へ向かう用事があったので、昼ごはんを京橋で取ることにしました。
京橋でピンと来たのが、京都の超有名ラーメン店「新福菜館」。あの真っ黒のスープが天一に似た中毒性あり。

ということでKiKI京橋へ。

20150120_125512_373.jpg
昼のピークを過ぎたころで結構すいてました。食券機でAセット(中華そばとやきめし(小))を購入。ここではこのセットしか注文する気が起きません。

IMG_20150207_090904.jpg
まずはやきめし(小)。なんだかこの日は見た目がベタつき気味。
食べても案の定べちゃっとした食感。おそらくタレを入れ過ぎで味もいつもと比べて相当濃い。タレ混ぜご飯を食べているようななんとも残念な仕上がり。おそらく調理スタッフによるブレなんでしょうが、、、。

20150120_130114_523.jpg
続いて中華そば。黒いスープとたっぷりの葱がそそられるルックス。

IMG_20150207_090845.jpg
前回より醤油感が多少抑えめでその分、スープの旨みが強い印象でしたが許容範囲内。新福菜館は、味は濃い目ながら受け付けられるぎりぎりのラインというところが魅力でしょうか。スープで黒く染まった麺も旨い。この日は硬めで頼みましたが、普通の方が麺との相性はよさそう。

やきめしはかなりがっかりでしたが中華そばは相変わらずのおいしさ。
天一、伏見の大黒と並んで定期的に食べたくなるラーメンです。

過去の新福菜館

その1

◆新福菜館 KiKi京橋店
大阪市都島区東野田町1-6-22KiKi京橋1F
営業時間
11:00~23:00
定休日
KiKi京橋に準ずる


ブログランキングに登録中です。
下の2つのバナーをクリックしていただけると喜びます




人気ブログランキングへ

category: 大阪市 京橋エリア

tag: ラーメン 
Posted on 2015/02/07 Sat. 09:21  edit  |  tb: 0   cm: 0  

回転寿司発祥の店 ~元禄寿司~ 布施 

s-20150111_194802_169.jpg
1月のとある休日、嫁からの「晩ご飯は寿司がいい!」という強い要望に応えて寿司をテイクアウトすることに。以前買いに行って気に入ったこのお店にしようかとも思ったのですが、日用品の買い物もあったので頑張って歩いて布施まで行ってきました。

20150111_151546_785.jpg
子供が寒そうだったのでちゃちゃっと買い物を済ませて、回転すし発祥の店といわれる元禄寿司へ。最初は本店へ行くも、結構待ち時間があるっぽかったのですぐ近くの布施北口店へ。基本的には全皿2カンで130円。2000円分ほど注文し、15分くらいで出来上がりました。急いで帰宅。

20150111_194627_259.jpg
ということで晩ご飯。

20150111_195654_664.jpg
少しリッチにコンビニ限定販売のGRAND KIRINで。グラスはプレモル6缶セットのおまけのワイングラス。このグラスでプレモルを飲むと、宣伝通り、香りが凄いです。
このGRAND KIRINは値段の割にはコクも香りも弱く、あまり好みではないかな。リピートはないですね。

20150111_194802_169.jpg
にぎりはこんな感じ。ハマチ、サーモン、にし貝、イカ、鯛、つぶ貝、海老、エンガワ、たこ。酢飯がしっかり甘めで、これはこれで好きな味。100円寿司に比べるとネタも明らかな差があります。

20150111_194806_721.jpg
特に、見た目はイマイチながらこのにし貝がいけてました。サザエでもアワビでもない、少し柔らかい食感で磯の味も感じる貝。

20150111_194646_474.jpg
カニサラダ巻き。たしか250円ほど。チープ系の寿司屋ではついついこういうジャンキーなものを注文してしまいます。

20150111_194703_796.jpg
こっちは鉄火巻き、バッテラ、シーフードサラダ、あとは謎のタコサラダなるメニュー。

20150111_194722_663.jpg
名前の通り、茹でダコのマヨ和えサラダ、、、。これはこれで嫌いじゃないです。

20150111_194825_506.jpg
これだけ買って2000円ほどだったかなぁ。100円寿司で買うくらいなら断然こっちですね。
なかなか満足な晩ご飯でした。

◆廻る元禄寿司 布施北口店
東大阪市長堂1-8-11-108ヴェルノール布施1F
営業時間
11:00~22:00
定休日
無休

ブログランキングに登録中です。
下の2つのバナーをクリックしていただけると喜びます




人気ブログランキングへ

category: 東大阪

tag: 和食、寿司 
Posted on 2015/02/02 Mon. 09:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

天満飲み 3軒目 ~マッスルホルモン~天満 

s-20150113_215428_110.jpg

天満飲み3軒目。

20150113_214704_237.jpg
向かったのは毎度のごとく「マッスルホルモン」。しかしここのところ、ランチ以外は全く新規開拓がない状態、、、。なんとかせねば。

20150113_214955_436.jpg
そして注文も毎回同じ、、、、。大阪金魚。焼酎に紫蘇と鷹の爪を浮かべて金魚鉢風にしたもの。鷹の爪のピリっとくる刺激と大葉の爽やかな香りがホルモンによく合ってお気に入り。

20150113_220929_861.jpg
豆もやしナムル。前回も感じましたが、やはり前よりボリュームが減った(?)。

20150113_215428_110.jpg
マッスルもつ煮。味噌ベースでホルモン、豆腐、野菜、こんにゃくがゴロゴロ。相変わらず旨い。

20150113_220140_153.jpg
串はコリコリした食感が心地良いタケノコ。これが大動脈の部分とはほんとに不思議。

20150113_215615_153.jpg
ハート。ちょっと塩が弱いかなぁ。

以上で天満飲み終了。やはり天満はハシゴ酒には最高の街でした。

過去のマッスルホルモン

その1
その2


◆マッスルホルモン
大阪市北区天神橋4-12-12
営業時間
[月~木]
17:00~22:45
[金、土、祝]
12:00~22:45
定休日
無休

ブログランキングに登録中です。
下の2つのバナーをクリックしていただけると喜びます




人気ブログランキングへ

category: 大阪市 天満エリア

tag: 焼肉、ホルモン、韓国料理 
Posted on 2015/02/01 Sun. 17:03  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。